片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

片瀬のひらいた家

​*画像をクリックすると写真全体をご覧いただけます。

片瀬のひらいた家

所在地:神奈川県藤沢市

用途:個人住宅

延床面積:69㎡

施工:㈱キムラ建設

受賞:JIA神奈川賞

   第60回神奈川建築コンクール

     福祉アピール賞

撮影:㈲スタジオバウハウス

 「片瀬のひらいた家」の大きな特徴は、一枚の大きな屋根によって一体となる室内空間が、機能的・デザイン的なグラデーションの中で、地域コミュニティの「交流の場」として機能している袋小路状の路地に対して大きく開かれていることである。

 「路地—テラスーリビングー個室」とつながる空間は、引き戸によってその開放性の度合を自由に設定できるようになっており、室内の生活から積極的に地域コミュニティへの活動や情報の発信を誘発し、双方向における「見る・見(守)られる」という対等な関係を築くための仕掛けとして機能している。

 路地とリビングをつなぐテラス、またテラスと個室をつなぐリビングは、長年この地に住み続けた施主の、地域社会に対する信頼と共同意識の基盤の上で、積極的に開かれている。

 この場所はこの家の「顔」となり、外部からの助け(サービス)を受け入れることも可能な重要な空間となっている。

  • Facebook Social Icon

© 2020 by KAJIURA ARCHITECT & ASSOCIATES.